LOOPLACE stock and renovation

RECRUIT採用情報

「RECRUIT」一覧に戻る

[企画営業]

ニーズを掘り起こし、価値を磨く。
最前線で味わう刺激と醍醐味がある。

リノベーション企画部・執行役員・部長 / 清水 勝

リノベーション企画を通じて「五方良し」を導くやりがい

LOOPLACEのコアビジネスである、築古不動産の再生事業の最前線に立つのが私たちリノベーション企画部です。現在、営業担当は2名。物件のマーケット調査・収益性の算出から、テナントとの契約・管理・運営、リーシング広告の戦略立案などを担当しています。

仕入れる物件を見極めて、ボロボロで空きテナントだらけの段階からリノベーションを行うわけですが、建物の価値を自分たちの手で磨いていけるのが一番の腕の見せどころですね。

ビルがキレイになり、テナントを誘致して満室になれば、「売主」「買主」「テナント」はもちろん、「地域の皆さん」や「LOOPLACEの社員たち」など、関わる全員が笑顔になれます。収益とは別の側面から、社会や地域に貢献しているやりがいを感じられるのも、リノベーション企画という仕事の魅力だと思います。

上流工程の舵取り役として、存在感を高めていく

市場にある築古不動産の現状を鑑みると、潜在的な需要があって顕在化していない、または供給ができていないニーズがまだまだあります。そうした需要を掘り起こしながら、市場に需要そのものを生み出していきたいですね。そうした小さな事業の種をまき、育て、大輪の花を咲かせるすべての過程に携われるポジションです。

そうした立場からして、デザイナーと施工、そして営業担当の全員が見える距離にいるのは、LOOPLACEの特徴であり、強みの一つです。自らやってみたいという気持ちを大切にする社風ですので、施工チームなど営業以外の視点も存分に吸収できます。自分たちが手がけた物件が具体的にどのような付加価値と、どれほどの収益を生み出すかを最前線で味わえる仕事です。

今はオフィスビルが中心ですが、今後は商業施設や事務所などの複合ビルやホテル、工場へとコンバージョン(用途変更)していくことも増えていきます。そうしたとき、企画立案の上流工程にあるコンセプトメイクからしっかりと携わっていきたいですね。

点が面に、そして新しい街づくりへとつながる

たとえばボロボロの古いビルがありますよね。それをリノベーションして、若く明るいスタッフが働く会社さんが入居して、近くにカフェやおいしいパン屋さんができ、近隣の公園に家族が集まり、子どもたちの笑顔が増えて街の空気が明るくなる……そんなところが不動産再生の価値だと思っています。

いまのいまはそうした一つ一つの「点」を増やそうとしている段階です。それが「面」になって「街」になる。ちょっと大きなことをいうと、その地域の将来を担っているのが私たちなのかなと、それぐらいの気概を持ってこのビジネスに取り組んでいるつもりです。

まずは東京を中心として事業に取り組んでいますが、全国の主要都市や地方の街づくりや海外にまで少しずつ視野を広げているところです。LOOPLACEに少しでも興味をお持ちの方は、いま見ている景色にとらわれず、広く大きな世界であなたが思う“新しい地図”を描いてください。

清水さんのキャリアステップ

1993年
大学卒業後、インテリアデザイナーを目指して建築設計事務所に就職し、設計アシスタント
1995年
店舗設計施工会社に転職。アシスタントデザイナー→シニアデザイナーにキャリアアップ。
2002年
独立。フリーランスのインテリアデザイナーとなる。
2011年
上場会社、外資系企業などで新規プロジェクトの店舗設計に携わる
2017年
株式会社成和(現:株式会社LOOPLACE)に入社
2018年
リノベーション企画部リーダーに就任

清水さんの1日のスケジュール

8:30
出社 「おはようございます!」
8:45
朝礼・掃除
9:00
メールチェック・社内でリサーチ
12:00
ランチ
13:00
物件見学・打ち合わせ等(問い合わせいただいたお客さま先へ)
15:00
建物リサーチ(エリアは都心5区がメイン)
17:30
退社 「お疲れ様でした!」

エントリーを検討している方へ

小さな会社なので、経営陣との距離感も近く話しやすくて雰囲気が良いです。リノベーション企画部は少数精鋭なのでやりたいことや名案があれば発信してほしいです。あなたのやりたいをチームで叶えていきましょう!

リノベーション企画部・執行役員・部長 清水 勝

「RECRUIT」一覧に戻る

SITEMAPサイトマップ

LOOPLACE

©2020 LOOPLACE,Inc.
PAGETOP