LOOPLACE stock and renovation

&PLACE特集「おもしろい場をつくる」

「&PLACE」一覧に戻る

ナレッジシェア

【不動産再生事業】LOOPLACEの新たな挑戦「&PLACE」

 【&PLACE内覧動画完成】
LOOPLACEのシェアオフィス「&PLACE」の内覧動画が完成いたしました。
「場の再生事例」の記事にて、どのように再生したのかご紹介いたしましたが、リノベーション後のシェアオフィス内を動画にいたしましたので、是非ご覧ください。



【&PLACE 出会った経緯】
弊社が入居する築40年の築古ビル。ご縁があり、別フロア(最上階)に空きがあると知り、新しいLOOPLACEのモデルオフィスを構えることになりました。
設備更新や建築の表面を変えるだけでなく、新たな”空間”に再生していく。不動産再生事業を行うLOOPLACEだからこそできることです。

【デザインテーマ 『可変・再生・循環・体感』】
フレキシブルに可変可能な空間を目指した設計。何年経ってもアップグレードが可能です。最先端なデジタルと緑豊かな自然の融合を意識し、五感に訴える空間設計を行いました。その他、サステイナブルな材料に注目し再生材や廃棄される材料をリユーズしています。

【新たな挑戦・シェアオフィス】
「入りやすく、出やすい」をキーワードに企画を行い、セットアップオフィスとし、家具の搬入や原状回復を必要としないオフィスとなっています。その他、自由に利用できるMTG、ラウンジも完備しています。
契約方法は施設利用契約とし、これにより「入りやすく、出やすい」を実現しています。第一入居者様からもご好評をいただいております。対談記事も是非ご覧ください。



今回のバリューアップ工事でかかった工事費用は47万/坪。
シェアオフィス部分においては、1年~1年半で回収予定となっています。

今後の課題
・運営側との連絡手段や予約方法など、オペレーションに改善の余地あり
・入居者同士の交流の活性化

 【&PLACE第二弾への可能性】
新型コロナウイルス感染拡大後、新しいワークスタイルの浸透により、シェアオフィスへの関心度やニーズは高まっています。LOOPLACEでは他のシェアオフィスに負けないくらいのデザイン性を誇り、利用者の空間の満足度は高いと感じています。これからも時代のニーズに合わせたオフィス、新たな「場」づくりを行なってまいります。

【&PLACE(浦野ビル)の概要】
名 称  :&PLACE(アンドプレイス)
所在地  :東京都千代田区神田神保町1-50 浦野ビル8階
交 通  :都営地下鉄三田線・新宿線【神保町駅】徒歩5分
      東京メトロ半蔵門線【神保町駅】徒歩5分
      JR中央線【水道橋駅】東口 徒歩8分
      JR中央線【御茶ノ水駅】御茶ノ水口 徒歩10分
階 数  :地上8階建/8階部分
構 造  :鉄筋コンクリート造
用 途  :シェアオフィス・MTGルーム・ラウンジ
竣工年  :1983年3月
改修竣工年:2021年11月

「&PLACE」一覧に戻る

SITEMAPサイトマップ

LOOPLACE

©2020 LOOPLACE,Inc.
PAGETOP